カーブを曲がるとき、どうしたらいいのですか。

ここで扱うのは緩いカーブの場合です。
「あんなに緩いカーブなのに、どうして曲がれないの。」こう思うくらいよく壁にぶつかってしまいます。 当然曲がれないのはスピードがはやいからなのですが、ここでわざわざブレーキを踏んでいたらタイムアップですぐにゲームオーバーになってしまいますね。カーブのときにあらかじめ減速しても時間が足りなくなりますね。
じゃあ一体どうしたらいいのでしょうか。
正解は、「カーブを曲がるとき、瞬間的にアクセルをはなす」、です。(オートマチックの場合)
これは決して減速して曲がりやすくするためではありません。

これからその理由を説明します。
かなり重要なことなので、しっかり理解してくださいね。

この摩擦力を大きくしてやるためにはどうしたらいいのでしょうか。
そのための方法が「カーブの際にアクセルをはなす」なのです。
ここではより正確を期すため、「セガGT」テクニカルノート、から引用してみますね。
ブレーキングやシフトダウン、アクセルオフといった減速操作を行うと重心が前方に移動し、フロントが沈みます。これによって操舵しているフロントタイヤが路面に押しつけられるため曲がりやすくなります。逆にリヤは浮き気味になるのでテールスライドを起こしやすくなります。(12ページ)

今度は自分なりに説明してみますね。

こういうわけです。

逆の例を考えてみます。

このように、加速減速で車の重心を移動させることを「荷重移動」といいます。
また、車の摩擦力のことを「グリップ」というようです。(詳しくは違うかも)
グリップとは文字通り、車が路面を握っていいるという意味ですね。

これらはかなり重要な概念ですので、上の説明を自分でできるよう理解してください。

戻ります inserted by FC2 system