初期設定など


Shooting Game(仮)の入手、起動方法

本ソフトはフリーウェアのシューティングゲームです。
佐伯俊道氏が作成されたもので、氏のウェブサイトの「SAEKI soft」という項目からダウンロードすることが可能です。
ソフトのデーター量は1メガ弱、通常電話回線でも問題なくダウンロード可能なファイルサイズです。
さらに、所要マシンスペックもPentium100MHz以上推奨と、かなり低い水準になっております。
ネットに接続可能な環境をお持ちの方なら、どなたでも楽しむことができるでしょう。

なお、本ソフトは圧縮形態で頒布されておりますので、解凍作業が必要となります。
そのためのソフトウェアが必要となりますので、お持ちでない方はVectorなどから入手してください。
例として筆者はちとらsoftからダウンロードさせて頂いたものを使用しております

さらに本ソフトは動作に「Visual Basic 6.0のランタイム」を必要としております。
こちらも同じくVectorから入手してください。
(例として筆者はこちらを使用しております。)

また本ソフトはパッドなどにも対応していますが、筆者はキーボードでプレイしております。
しかしながら、そこに操作性の問題を感じておりません。
パッドやスティックなどの必要はないと考えられます。

すなわち、誰もが入手可能で、マシンスペックも低くてよく、特殊な制御装置を必要としない。
内容の素晴らしさのみならず、その環境面の普遍性も私がShooting Game(仮)を極めて高く評価する一因です。


上の二つの図は、本ソフトを起動した図です。

  • 左側は、1024×728ドット表示
  • 右側は、800×600ドット表示
    (残念ながら、600*480ドット表示では、ゲーム画面下端が表示されなくなってしまいます。)

    とりあえずは、右側の800×600の画面解像度でプレイされるのがよいでしょう。
    (なお画面の解像度は、マウスの右クリックで「プロパティ」、「設定」の項目で変更できます)
    自機敵弾などが相対的に大きく表示されるので、見やすいからです。

    しかしながら、単なる画面解像度の選択にもシューティングの本質的要求のひとつが現れます。
    (ここはもっと先で問題になる事象ですので、今のところは聞き流す程度でかまいません)

    それは、視野の取り方の問題です。
    画面全体を視野に入れることが理想的なプレーヤーの視野です。
    ところがこれは容易に身につく技能ではなく、どうしても視野は自機周辺に限定されがちです。
    そこで、1024×728ドット表示の解像度を選択してみましょう。
    プレーヤーが認識できる視野の大きさは変化しません。
    しかし、解像度が上昇し表示サイズが小さくなることにより、相対的にプレーヤーの視野が拡大します。
    むしろこちらのほうがよいと感じられる方もきっといらっしゃるでしょう。
    通常は800×600でも、たまには1024×728でプレイされるとよいでしょう。



    左はゲームのデモ画面です。



    操作方法

    本ゲームはテンキーの2,4,6,8で上下左右に自機を操作します。
    斜め移動は「4,8」など二つのキーの同時押しです。
    そしてワイドショットを「Z」、前方集中ショットを「X]で発射します。
    (ショットについて詳しくは後述)

    参考程度に、筆者の場合は下記の指使いです。

  • テンキーの「4」は右手人差し指、「6」は薬指、「2」・「8」は中指
  • ショットの「Z」は左手薬指、「X」は中指



    以下の数行は、筆者のマシンに限定的に生じる問題かもしれませんが、一応記します。


    以上です。

    戻ります inserted by FC2 system